光老化性色素斑

2023.03.29

光老化性色素斑

光老化性色素斑(老人性色素斑)とは、加齢によって生じるシミの一種です。

一般的にシミと言われるものの殆どが、この光老化性色素斑です。

老化性、老人性という名前がついていますが、早ければ20代でも出現します。

形状や大きさは様々ですが、円形や楕円形が多く、シミの境界がハッキリしているのが特徴です。

また、紫外線(日光)が当たる部分に出現することが多いので、光老化性色素斑や日光性黒子とも呼ばれています。

よくある質問


光老化性色素斑の原因は?

皮膚が紫外線に当たることで生成されるメラニンという黒い色素物質が原因です。 通常生産されたメラニンは、ターンオーバー(代謝)によって排出されますが、ターンオーバーで排出しきれないほどのメラニンが溜まった場合、光老化性色素斑というシミになって現れます。 また、加齢によってターンオーバーのペースが遅くなるため、シミが発生しやすくなります。


光老化性色素斑の予防法は?

光老化性色素斑は、紫外線対策をすることである程度予防することができます。 日焼け止めやUVカットの衣服などで体に当たる紫外線を減らすことで、出現のリスクを下げることが出来ます。 日焼け止めは塗るタイプと飲むタイプを併用することでより高い効果が得られます。 また、ビタミン剤の内服も効果的です。


光老化性色素斑は治る?

正しい治療を行えば、発生してしまった光老化性色素斑も治療し、目立たなくさせることが出来ます。 お悩みの方は、ぜひ一度皮ふ科にご相談ください。


光老化性色素斑の治療方法は?

効果的な治療法として、メラニンを直接粉砕するレーザー治療があります。 Qスイッチレーザーやピコレーザーなど、強力なレーザーを照射する厚生労働省認可の機器で施術を行います。 皮膚の浅い部分に出来たシミであれば、1回の施術である程度目立たなくさせることが出来ます。

-INFOMATION-

当院のインフォメーション

電話番号

当院住所

〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神2丁目4−20 天神プラッサ 3F

最寄り駅

西鉄大牟田線 福岡(天神)駅

市営地下鉄七隈線 天神南駅

診療時間

保険診療(下記以外)

平日
9:30〜19:00 (休診12:30〜14:30)

土日祝
9:30〜17:30 (休診12:30〜14:30)

※受付は診療終了時間の30分前までとなります。
※予約制ではございませんので、そのままご来院ください。(受付順にご案内致します)

美容診療、保険適応手術・レーザー治療

平日
9:30 〜 19:00 (休診12:30〜14:30)

土日祝
9:30 〜 17:30 (休診12:30〜14:30)

※完全ご予約制となります。

© 2024 TENJIN DERMATOLOGY